1. >
  2. >
  3. 自然を思いきり堪能できるキャンプの魅力
自然

自然を思いきり堪能できるキャンプの魅力

大人だけのキャンプでストレス解消!

お子さんや家族が一緒のキャンプも楽しいですし、家族の思い出になりますが、たまには同僚や友人と一緒に、大人だけのキャンプを楽しむのもいいでしょう。
また、最近は必要最小限の荷物を持って、ソロキャンプに行く人も多くなっています。

キャンプもいいなと思っていても、なかなか忙しく実現しないかもしれませんが、ソロキャンプだったら、思い立ったとき、すっと行くことができます。
思い出作りのキャンプではなく、趣味の大人のキャンプもいいものです。

初心者にもおすすめのオートキャンプ

はじめてキャンプを経験するという人には、オートキャンプがおすすめです。
駐車場に車を止めてキャンプ場までテントなどグッズを運んでいくのではなく、車でキャンプ場に行って、車でキャンプを楽しめます。
大勢でキャンプに行くときには、食料など荷物も多くなり運ぶのが大変ですが、車から降ろせばいいだけなので簡単です。

ただ一般的なオートキャンプ場は区画が狭く、隣にほかの車があるという状態なので解放感的には落ちるでしょう。
人気のオートキャンプ場はすぐいっぱいになってしまうので、早い時間帯に行って場所を確保する必要があります。

大人に経験してほしいソロキャンプ

パパの息抜きや社会人のストレス解消におすすめしたいのが、ソロキャンプです。
バイクがあればツーリングにテントと寝袋、インスタントモノやクッカーなど持っていけ場、テントを張って寝袋など準備し、クッカーでお湯を沸かして自然の中でラーメンを食べて、夜はコーヒーを飲みながら読書・・なんて静かな時間を過ごせます。

一人で行くキャンプなので、天候が悪くなったら帰ってくればいいし、場所を変えることできるでしょう。
自分のために時間を使うのも、現代人には贅沢な時間となります。

簡単に済ませたいならコテージキャンプ

キャンプグッズも持っていないし、やってみないと趣味になるのかわからないからグッズもまだ購入したくない、お試しキャンプをしてみたい人におすすめできるのがコテージキャンプです。
コテージによってはバーベキューを楽しめるスペース等もあり、水もトイレも用意されているので、簡単にキャンプ気分を味わえます。

コテージには寝具なども用意されているところもあるので、何も持たずにキャンプ気分を堪能できるのです。
男性にも女性にもおすすめできるキャンプスタイルといえます。

キャンプに行くなら知っておきたいキャンプマナー

キャンプ場に行くと中には本当にマナーを知らない人がいて、せっかくのキャンプが台無しな気分になることもあります。
夜、キャンプ場は静かですが、ワイワイとお酒を飲んで大騒ぎする人とか、エンジンをつけっぱなしでエンジン音がうるさい家族とか・・夜は静かに過ごすのがマナーです。

キャンプでは、持ち込んだもの、ごみなどもきれいに持ち帰ることが常識ですし、料理場なども次に利用する人がいることを考えてきれいにして返す必要があります。
使いっぱなし、ゴミだらけ、ごみの放置はキャンプマナーというよりも社会人としてのモラルです。

    © 2019 - 2021 Good Father All Rights Reserved. | サイトマップ