1. >
  2. >
  3. バイクでダンデムツーリング!2人乗りできる子供の年齢は?
二人乗りできるバイク

バイクでダンデムツーリング!2人乗りできる子供の年齢は?

子供とツーリングするには

僕は独身時代、バイク好きでツーリングによく出かけたものです!
子供が産まれてからは、やはり家族で出かけることになるのでバイクに乗る機会はありませんが、いつか子供と一緒にツーリングできたらいいな、なんて密かに夢を抱いてるんです。
子供とのバイクでのツーリングは、車ほどの安全性はないことは否めませんよね。
バイクで子供と2人乗りを楽しむ日はいつになるかわかりませんが、何歳から可能なのか、注意点などはしっかり把握しておこうと思います。

何歳になったら2人乗りができるのか

バイクに子供を乗せるのに、法的な決まりはあるのか、調べてみました。
すると、道路交通法ではバイクの2人乗りについての同乗者の年齢制限は明記されていないんですね!
驚きですが、バイクの2人に関する制限としては、運転者のみであって、同乗者については特になし!
ちなみに運転者の制限は、一般道で1年以上50cc以上の自動二輪の経験があること、高速道路では年齢が20歳以上であることに加え、3年以上50cc以上の自動二輪の経験があることと決められているようです。

つまり、考え方としては年齢ではなく、ヘルメットの着用が義務付けられていますので、ヘルメットをかぶることができて、なおかつ後部座席のタンデムステップに足を置くことができることにポイントをおくことになるでしょう。
それを踏まえると、子供がバイクの後ろに同乗できるのは、小学校の低学年ぐらいからと考えられますね!
ちなみにバイクの2人乗りをするには排気量が50cc以上と法で定められており、また整備された場所以外での乗車はNGとなっていますので、原付バイクや塗装されていない場所でのバイクの2人乗りは禁止であることを認識しておきましょう!

子供をバイクに乗せる時の注意点

いざ子供が安全にバイクに乗れる年齢になったら、乗る時にはどのようなことに注意すればよいでしょうか。
まずは絶対に必要となるのがヘルメットの着用ですね!
子供の安全を考えて、子供のアゴまでカバーするフルフェイスが望ましいでしょうね。

もちろん服装もちゃんと考えないといけません。
長袖の長ズボン、くるぶしまでカバーする靴を履かせてあげましょう。
もっと安全性を高めるなら、ヒジやヒザのプロテクター、胸やせき髄も守ってくれるプロテクター入のジャケットがあれば安心ですね。

子供との2人乗りでいちばん怖いのは、居眠りをして落下させることです。
子供はどこでもすぐに居眠りを始めてしまいますので、落下しないように体を固定するタンデムツーリングベルトは必須になるでしょう。
これなら運転手にずっとしがみつく必要もないので疲れませんし、パパも子供もお互い楽です。

子供にずっとしがみついていろというのも無理な話ですし、しんどい思いまでさせたら可哀想ですからね。
タンデムツーリングベルトがあれば、バイクのツーリングの一体感や楽しさも味わえます!

    © 2019 - 2021 Good Father All Rights Reserved. | サイトマップ