1. >
  2. >
  3. 仕事を円滑にするコミュニケーション能力の鍛え方

仕事を円滑にするコミュニケーション能力の鍛え方

コミュニケーション力とは

ネットなどでは、コミ障などといった言葉を見かけますよね。
コミ障は大概の場合、悪い意味に使われる差別用語で、いわゆるコミュニケーション力がない人を指して言うんです。
コミュニケーション力とは、人間として、他人とのかかわり合いをもつ際に、意思疎通を図る力のことなんです。
確かに、人とのかかわり合いの中で、コミュニケーションは様々な局面で必要ですよね。

一般的には、人と話すときは目をみて話すこと。
親ぼくを図るために会話を行うというのが、コミュニケーションです。
もちろん、他人と話すのが苦手な方でも、メールや手紙による意思疎通ができれば、立派なコミュニケーション力です。
昔と違って、こうしたコミュニケーションツールも充実していますので、必ずしも他人との会話しなければならない、というわけではないんですよね。

なぜコミュニケーション能力が必要なのか

コミュニケーション能力がなぜ必要なのか、それは人との関わり合いを行う上で、必要不可欠なものだからです。
その多くは、社会に出て特に求められるんです。
なぜかというと、会社に入社し、先輩や上司から指示を仰ぐ必要が出てくるからです。
黙っていては、理解できているか相手に分からないし、ばかにされたような印象を与える事から、社会生活ではコミュニケーションが重視されているんです。

また、仕事が終えたら報告し、場合によっては情報の共有や引き継ぎなども必要になるからです。
また営業職などは、外回りなどでほかの会社や顧客回りなどが仕事ですので、コミュニケーション力がなければ、仕事に不都合が生じてしまうからです。

コミュニケーションのポイント

コミュニケーション力が低いのと、コミュニケーションが苦手というのは、実は似ていて非なるものなんです。
私もどちらかといえば、コミュニケーションは苦手な方なんですが、決してコミュニケーション力が低いわけではないんです。
そこで、コミュニケーションする、ポイントをいくつか挙げてみましょうね。

・事前に話すことをまとめておき、論理的になおかつ簡潔に相手に伝えること。
・相手に協力を得る為に、説得力を持たせて伝えること。
・周囲の人にわかりやすく伝え、納得させる力も必要です。

家族との接し方も変わる

例えば、社会人として、県外に出た兄弟や自分のお子さんが、久しぶりに帰郷した時、大人になったなと感じる時があります。
外見は、そんなに変わらないのに、見違えたまたはあか抜けしたと感じる時ですね。
何が変わったかと考えると、言葉遣いが丁寧になっていたり、話し方がまとまっていたりするんです。

いわゆる、仕事で磨かれた、といったイメージなのですが、なんだか心強く感じてしまいますね。
会話していても、受け応えがしっかりしているのも、こうしたコミュニケーション力のおかげなんです。

    © 2019 - 2021 Good Father All Rights Reserved. | サイトマップ