1. >
  2. >
  3. どれくらい月収があれば子育ての費用に困らない?
お金

どれくらい月収があれば子育ての費用に困らない?

子育てにかかる費用とは

子育ては大変なことがたくさんありますが、中でも子育ての費用についての悩みを抱えるご家庭も多いと思います。
子育てにかかる費用は実際にどれくらいか想像しづらいですけど、必要なお金を用意するためには、事前にシュミレーションをしておく必要がありますね。
子育てにかかる費用は、具体的には養育費と教育費がかかってくるのですが、それらは子供の成長に比例して増えていきます。

教育費とは、幼稚園、小学校などの教育施設でかかってくる学費を指します。
進む進路によっても変わってきますが、幼稚園から小学校、中学校、高校、大学とすべて公立・国立に進学したとしても1400万円は必要になるそうですよ。
これに養育費を加えると、最低でも3000万円以上はかかる計算になり、もしも進路のどこかで私立を選んでしまうと、500万~1000万円がプラスされる可能性がありますので、できれば公立へ行ってほしいと願う親がほとんどでしょう。

年齢別にかかる費用

新生児~1歳では、おむつやミルク代といった消耗品にかかる出費が多くなり、離乳食直前までで毎月1万円程度になります。
さらに、第一子の場合はベビーカーやベビーベッドを揃えなければいけないので、プラス10万円で考えておきましょう。
2~6歳では、服や靴を買い替えないといけないので、約6万円が必要と言われています。

子育ての費用に困らないために

子育て費用は、子供がどう進路を歩んでいくかによって大きな差が出てきます。
なので、子供が生まれるときにはどう育てていくかを夫婦で話し合いをしておく必要があるでしょうね。
話し合いができれば、必要となる教育費が明確になりますので、貯金方法や節約を意識するようにできるでしょう。

教育費を貯蓄するのは早ければ早いほど良く、長い時間をかけてコツコツ貯蓄していかなければいけません。
いきなり大金を貯金をするのは難しいですが、毎月少しでも貯蓄に回していれば、長い期間をかけて子供のための教育費を貯めることもできるでしょう。
また、預貯金だけではマイナス金利でほとんど運用にはなっていませんので、資産運用のことを視野に入れてみてもよいかもしれませんね。

    © 2019 - 2021 Good Father All Rights Reserved. | サイトマップ