1. >
  2. >
  3. 転職するメリット・デメリット
面接の様子

転職するメリット・デメリット

転職はメリットがある?それともデメリット?

ある程度社会の中で慣れてきて、仕事もこなせるようになると、もっとレベルの高い仕事をしたいとか、別の仕事につきたいと、仕事に対する欲求が出てきます。
しかし転職するというのは勇気がいることで、なかなかその一歩を踏み出せずにいる人も少なくありません。

転職することで得るメリットもありますし、逆にデメリットもあります。
いいことも悪いことも理解し、リスクが少ない方法を理解してから転職を考えましょう。

転職することのメリットとは

今お給料が少ないと感じている人は、転職することで給与が上がる可能性があります。
仕事内容によって、転職先がその能力を高いと感じれば給与が今よりも高くなる可能性があるのです。
同じ業界でも、中小企業から大手に行くことで年収がぐっとアップすることもあります。

現在勤めている会社の中で、自分のイメージを変えるのは大変です。
しかし新しい職場に行くことで、自分の新しいイメージをつくることができます。
転職することでゼロから出発できるのですから、今の自分を変えたい、新しいキャリアで頑張ってみたいと思う人には転職が大きなメリットとなることも多いです。

転職で今までと全く違う業界に入ることで、これまでの狭い視野を広げることもできますし、人脈を広げることもできます。
色々なメリットがある転職ですが、デメリットとなる点もあるのです。

転職してデメリットとなることもある

転職して早まったと感じる人に意見を聞いてみると、やはり金銭問題が出てきます。
転職する際には、交通費、宿泊費用など、面接に行くための費用が掛かりますし、退職する時期を見誤ると、ボーナスをもらい損ねることにもなるのです。
転職活動をしてみて、お金がかかる!ことに気が付く人も多いので、3ヶ月くらいは無給でも大丈夫と思えるくらいの余裕をもって転職しましょう。

転職することで、退職金や企業年金などが減少するという点もデメリットです。
退職金や企業年金は、在職期間が長いほど有利になっているため、退職すれば、転職先でまた一から始めることになります。

厚生労働省の調べによると、大学を卒業し35年以上の経歴を持っている方の退職金は2,200万弱くらいです。
これが金属20年から24年くらいになるとぐっと下がり、1,300万くらい、実に半分近くになってしまいます。

転職することで一から人間関係を作ることが難しかったという意見や、すでに人間関係ができているところに入ることが難しかったという意見もあり、転職は色々なことが一から始まるからこそ大変ということもあるでしょう。
転職が成功し生活が豊かになる人もいれば、転職したことでかえって生活が苦しくなることもあります。
メリット、デメリットをよく理解し、考え、その上で計画的に転職することを考えましょう。

    © 2019 - 2021 Good Father All Rights Reserved. | サイトマップ