1. >
  2. >
  3. パパにもママにも嬉しい社内制度がある会社3選
気持を表すお花

パパにもママにも嬉しい社内制度がある会社3選

メルカリ

メルカリでは、産休や育休で休んでいる間の給与を100%保障してもらえる制度があります。
この制度なら、育休を取りたいけれど、収入面の不安が…と悩むこともなくなりますね!
また、育児や介護休暇を、1年あたり5日間を特別有給休暇にして最大で5日間まで休むことができる制度もあります。

しかも、子供ができない夫婦のための妊活支援もあり、高額な費用が必要となる不妊治療において、治療開始してから10年もの間、費用の一部を会社負担してくれるというもの。
病児保育費の支援もありますので、子供が熱を出したり病気になった場合、臨時で利用した保育施設やベビーシッターの費用を支援する制度もあります。

結婚休暇とお祝い金がもらえる制度も、これから結婚する人、または婚活する人の励みにもなっていいと思います!
さらに婚活マッチングサービスのpairsも有料プランを無料で使えるというからすごいですね!

サイバーエージェント

サイバーエージェントは、とにかく働く女性に嬉しい社内制度が盛りだくさん!
女性が生理で体調不良のときに取れる特別休暇があり、生理と言わずに取りやすいようにこれを「エフ休」と呼んでいるそうです。
妊活支援も充実していて、治療のための通院を目的とする場合に取れる特別休暇や(これもエフ休と言えばいいらしいです!)、妊活のためのカウンセリングを個別で受けることができる妊活コンシェル制度もあります。

社内で専門医によるセミナーが行われたり、クリニックの紹介なども行っています。
子供がいる家庭でも、子供の急な病気や怪我で看病が必要なとき、在宅勤務が許される「キッズ在宅」や、子供の入園式・入学式・遠足・参観日などの学校行事に休むことができる「キッズデイ休暇」があり、1年に半日休暇が2回も取れるそうですよ!

ママ同士のコミュニケーションサポートもあります。
育児や保活情報は住んでいる地域によって異なりますが、ママ同士のそういった情報交換や相談のために、妊娠中や産休・育休中を含むママ社員が集まるランチ会の費用を会社が補助してくれる制度です。
この制度は「おちか区ランチ」と呼ばれ、同じ市区町村に暮らすママ社員が4人以上いれば利用できる制度とかで、1人当たりランチ代が3000円も会社が補助してくれるならかなり大きいですよね!
ママ社員向けに発行している社内報もあるらしく、働くワーキングマザーの人材の流出を防ぐさまざまな試みがされていることが理解できますね。

ギークス

ギークス株式会社が働くママを支援するママサポ制度は、子供が誕生してから3歳の誕生日を迎えるまでの間、毎年10万円の育児手当が受け取れる制度です。
子育て夫婦に10万円支給されたら相当助かりますよね!
家庭と仕事、育児を両立するための支援として多くの社員の方が利用されているそうです。

    © 2019 - 2021 Good Father All Rights Reserved. | サイトマップ